レシピ

失敗マカロンを再利用!簡単ラスク

この記事は約3分で読めます。

マカロン、慣れていても失敗することはあります。

マカロナージュやりすぎてしまった!逆にやらなさ過ぎた!

もう焼く前から失敗した気がする、、、

でも捨てるのはもったいない、、

そんな時ラスクにリメイクすれば立派なスイーツに変身!バニラアイスなどに添えても美味しい!

もちろん、パンの耳や固くなってしまったバケットなどを使っても☆

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

失敗マカロンラスクの作り方

失敗マカロンやパンの耳など100
無塩バター45
グラニュー糖16

   いま流行りの高級食パンの耳を使っても美味しいかも、、   

準備

オーブンは150℃くらいに予熱しておきます。

鉄板にオーブンシートを敷いて準備しておきます。


1. 無塩バターは耐熱容器に入れ、レンジで溶かす。


2. マカロンやパンを溶かしバターにまぶしてからグラニュー糖をまんべんなく合わせる。


3. バットに並べてオーブンで150℃で15分~乾燥するまでゆっくりじっくり焼く。
  以上!
  
  (量が多いときは途中でひっくり返してあげる。)

ラスク作りのポイント

オーブンをのぞき込む子供たち

ダンパーを空けて焼いたら早いよ。

ダンパー機能がない時は、オーブンの扉を割りばし1本分くらい開けてね!

(その時はタイマーが回っているか確認すること)

しっかり乾燥させてサックサクのラスクに!!

製菓用の細かいグラニュー糖がありますが、すぐに溶けてしまうのでここはあえてあら目のグラニュー糖を使います。

砂糖のザラっとした食感が残っているほうが美味しいですよ。

ラスクのアレンジ

グラニュー糖の代わりに黒糖にしてみたり、ブラウンシュガーにしてみたり、ゴマをまぶしてみたり、、色々なアレンジでも楽しめるかも!

また、すこーしだけ岩塩を散らしてもアクセントになります。

きれいに包装すれば、ちょっとしたプレゼントにもなりますね♡

パータグラッセは、 テンパリングの必要のない、常温でパリッと固まるコーティング用チョコレートです。

パータグラッセを使えば、ブルームが出てやり直しなんてことになったりしにくく、いつまでもパリッとした食感を楽しめます。

黒と白のチョコレートラスクを2種類作ってみたり。

アーモンドダイスを散らしてみたり。

白のパータグラッセに赤の色粉で色を付けてピンクにしてみたり。

ストロベリー味のパータグラッセも売っています)

チョコが固まる前に、上からいちごやフランボワーズのフリーズドライを散らしてもかわいい!!

チョコクランチを乗せてみるのもあり!リメイクもの×リメイクもののコラボです☆

チェック こちらの記事も人気☟

オーブンはメーカーや大きさにより異なるので、焼き時間・温度はあくまでも目安です。

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました