レシピ

食感をだしたい時に、クルスティヤン・アマンド(アーモンド)

この記事は約5分で読めます。

アーモンドのサクサクとした食感がクセになるクルスティヤン・アマンド!しっかり焼くことで香ばしさが引き立ち、味のアクセントにも一役かってくれます。

上から散らしたり、固めて焼いて土台にしたり、チョコレートと和えたり、、

さまざまなアレンジが出来ます。

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

食感をだしたい時に、クルスティヤン・アマンド(アーモンド)を作りましょう

クルスティヤン・アマンド(アーモンド)の材料

アーモンドダイス200
無塩バター82
カソナード80
薄力粉12
準備

無塩バターは常温に出して置き、ポマード状にしておく。

カソナードと薄力粉はふるっておく。

オーブンは155℃で予熱しておく。

♢アーモンドダイスは16分割と32分割があります。

クルスティヤン・アマンド(アーモンド)の作り方


1. アーモンドダイスをきつね色になるまでローストする。


2. 全ての材料をボールに入れて混ぜ合わせる。アーモンドがバター、粉類を纏うようにしっかり混ぜ合わせる。
  
  バターがやわらかくなっていないと混ぜにくいです!


3. ベーキングシートを敷いた鉄板に広げ、155℃で8~10分ほど焼く。ムラがあるときは、一回軽く混ぜてあげてからもう一度オーブンに入れて追加で焼く。

  ケーキの土台にしたいときは、セルクルなどの型に敷き込んで焼く。



4. シリカゲルを入れた密閉容器に入れて保存する。

  焼いたらくっつくのでパラパラにして使いたいときは崩しながら容器に入れる。
  反対に土台用では崩れやすいので、注意して取り扱う。


  カソナードを加えることで更に香ばしく!!  

  溶けた砂糖がキャラメル状になることで風味も加わって美味しいよ。  

オーブンはメーカーや大きさにより異なるので、焼き時間・温度はあくまでも目安です。

食感をだしたい時に、クルスティヤン・アマンド(アーモンド)の使い方

♢りんごのタルトの上にパラパラと、、、

温かいリンゴのタルト
温かい紅玉リンゴのタルト

♢ブルーベリーのティラミスの中に入れて、食感をプラス!

ムースやクリーム系のデザートに何か食感を足したいときに便利です。

ブルーベリーの自家製コンフィチュールを使用したティラミス

使用した材料

♢アーモンドダイス

♢カソナード

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました