レシピ

夏のさわやかデザートレシピ5選

この記事は約4分で読めます。

初夏から夏にかけて、やっぱりスキっとさわやかなスイーツが食べたくなりますよね。

ここでは、レモンやオレンジなどの柑橘系やハーブを使用したもの、マンゴーや桃を使用したデザートなど、夏にぴったりのレシピをご紹介致します。

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

夏のさわやかデザートレシピ5選

ビーチの子供たち

夏のスイーツといえばフルーツを使用したものが多いですよね。

季節のフルーツを使用したレシピを順番に5つご紹介していきます。

初夏に食べたい、瀬戸内レモンのフロマージュ(チーズ)パフェ

瀬戸内レモンのフロマージュパフェ
瀬戸内レモンの旬は冬から6月ごろまでですが、 5月~初夏になり暑くなってくると食べたくなるレモンスイーツ。
レモンと相性の良いチーズと組み合わせて、レモンゼリーやマンゴーなども使用した爽やかなパフェのレシピです。
「瀬戸内レモン」とついているだけで食べたくなる私のような方も多いのではないでしょうか??

パフェの組み立て

レモンチェッロゼリー 26
マンゴー 26
フロマージュブランクリーム20
ロイヤルミルクティソルベ16
ビーンズバニラアイス16
グラハムビスケット10
フロマージュブランクリーム 38
瀬戸内レモンクリーム 40
ミント適量

それぞれのパーツの作り方は、こちらの記事で紹介しています。

瀬戸内レモンのベイクドレアなチーズケーキ

瀬戸内レモンのチーズケーキ
低温でじっくり焼いたベイクドチーズケーキに、レモンを効かせたサワークリームをかけました。
ベイクドですがレアっぽい口当たりでとってもなめらか!
工程はとっても簡単!順番に混ぜていくだけです。フードプロセッサーがあればもっと簡単に出来上がります

ベイクドレアチーズケーキの材料

クリームチーズ500g
サワークリーム125g
グラニュー糖174g
全卵160g
卵黄24g
生クリーム35%217g
レモン果汁12g
コーンスターチ20g
シュトロイゼル 40g
レモンサワークリーム(カットしてから)20g
レモンスライス 適量
レモンマカロン1個

詳しい作り方はコチラの記事から。

夏にぴったり!グレープフルーツのスープ &ココナッツブランマンジェ

ココナッツブランマンジェ
混ぜて加熱するだけ、簡単レシピ。初夏から真夏にかけてのスイーツ。
グレープフルーツとハーブ類を合わせて爽やかに仕上げた簡単スープです。
爽やかな酸味とハーブの香りですっきり!食後にもピッタリのスープが出来上がりました。

グレープフルーツのスープの材料

ホワイトグレープフルーツ1個分
ルビーグレープフルーツピューレ適量
150g
レモン果汁60g
コアントロー (なくてもいいです)30g
ミント3g
レモンバーム1房
ライムスライス1枚分
グラニュー糖70g
板ゼラチン(なしでも大丈夫です)5g

詳しい作り方はコチラの記事から。

スープと合わせて!ココナッツブランマンジェ

ココナッツピューレ200g
牛乳200g
グラニュー糖80g
サワークリーム50g
板ゼラチン7g
生クリーム35%100g

詳しい作り方はコチラの記事から。

とろける口当たり!マンゴープリン

マンゴープリン
マンゴーをたっぷり使った贅沢なマンゴープリンです。フローズンヨーグルトを合わせればさっぱりといくらでも食べられます。

マンゴープリンの材料

マンゴーピューレ250g
グラニュー糖100g
牛乳558g
レモン果汁22g
板ゼラチン11g
フレッシュフルーツ季節のもの5種類くらい
マンゴー1/4
パールタピオカ(茹でたもの)15g
フローズンヨーグルト(市販のもの)30g

詳しい作り方はコチラの記事から。

すぐに色が変わってしまう、、白桃スイーツのお悩み解決レシピ

白桃コンポート
7・8月に旬を迎える白桃。皆さん大好きですよね。
この時期にしか食べられないフレッシュの桃は、やっぱりそのまま食べるのが一番おいしいです。でも、
皮をむいて置いておくとすぐに色が変わるし傷みやすい、、
値段も高いから無駄にしたくないな、、
そんな方のために色々と試行錯誤してできたレシピをご紹介いたします。

白桃コンポート2種類のレシピ

白桃3個
375
グラニュー糖150
白ワイン175
レモンスライス1枚
バニラビーンズ1/2本
カンパリ18
白桃3個
200
グラニュー糖80
冷凍レッドカラントホール100

詳しい作り方はコチラの記事から。

  コンポート液を利用したゼリーやスープのレシピも載ってるよ!。 

夏のさわやかデザートレシピ5選 まとめ

ビーチの子供たち

いかがでしょうか。

紹介したレシピをもう一度まとめておきます。

5月~6月が旬の広島の瀬戸内レモン、グレープフルーツやマンゴー、真夏が旬の白桃などこの時期に楽しめるフルーツはたくさんありますね!

ここで使用した製菓材料

クリームチーズ

フロマージュブラン

フランス・ノルマンディー地方のフレッシュチーズ。ミルキーなコクと程よい酸味が特徴です。

レモンチェロ

イタリアのレモンリキュール。新鮮なレモンの酸味を感じられるさっぱりとした口当たりです。

サワークリーム

私が使用しているのはタカナシ乳業のサワークリーム。北海道産で安心です。

レモン果汁

業務用の濃いレモン果汁。手で絞ったようなレモンの香りを感じます。

カットされたレモン

レモンスライス

ウメハラのレモンスライス。レモンピールの砂糖漬けです。

♢ボワロンルビーグレープフルーツピューレ

新鮮なグレープフルーツをピューレにしてあります。サラサラで使いやすい!

♢ボワロンココナッツピューレ

コクがあって口当たり爽やかなココナッツピューレです。

♢ボワロンマンゴーピューレ

アルフォンソ産マンゴーを使用したマンゴーピューレ。加熱調理の必要がないので便利です!

カットされたマンゴー

パールタピオカ

ブラックタピオカよりクセがなく合わせやすいです。

冷凍レッドカラントホール

強い酸味がアクセントに。そのままパフェなどにも使えます。

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました