レシピ

とろける口当たり!マンゴープリンのレシピ

この記事は約3分で読めます。

4月中旬から7月にかけて旬のマンゴー。夏が近づいてくると食べたくなりますね。

今回はそんなマンゴーを使った贅沢なマンゴープリンです。

濃厚でとろける口当たり!

幅広い年代の方に好まれる、やさしい味です。

フローズンヨーグルトを合わせればさっぱりといくらでも食べられます。

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

とろける口当たり!マンゴープリンを作りましょう

マンゴー

それでは、マンゴープリンのレシピを紹介いたします。

とろける口当たり!マンゴープリンの材料

マンゴーピューレ250g
グラニュー糖100g
牛乳558g
レモン果汁22g
板ゼラチン11g
フレッシュフルーツ季節のもの5種類くらい
マンゴー1/4
パールタピオカ(茹でたもの)15g
フローズンヨーグルト(市販のもの)30g

とろける口当たり!マンゴープリンの作り方

マンゴープリン
準備
  • 板ゼラチンはたっぷりの氷水でふやかしておく。
  • マンゴーピューレは解凍しておく。
  • タピオカはゆでてシロップに漬けておく。

1.  マンゴーピューレとグラニュー糖を混ぜてレンジで加熱する。


2.  ふやかしたゼラチンを加え混ぜ溶かす。


3.  氷水をかまして固まらないようにボール底からやさしく混ぜながらあら熱をとる。


4.  牛乳を少しずつ混ぜながら加え、最後にレモン果汁を入れて濾す。

  しっかりあら熱をとってから牛乳を合わせないと分離するので注意!


5.  器に流し入れ、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。


6.  カットしたマンゴーと旬のフルーツやフローズンヨーグルトをのせる。

  タピオカをシロップごとすくって上からかけて仕上げる。

フレッシュのマンゴーに7%の砂糖を加えて煮崩すと、手作りピューレが出来上がります。

マンゴープリンに使用した材料

マンゴーは缶詰や100%ジュースなどではなくピューレのほうが口当たりよく仕上がります。

今やブラックタピオカのほうが主流になりつつありますが、パールタピオカはゆで時間がまだ短く済みます。

ブラックタピオカはちょっと主張が強いですが、これだと小さいのでプチプチと楽しい口当たりですよ。

もちろんブラックタピオカでも。

とろける口当たり!マンゴープリンのまとめ

子供

牛乳たっぷり、マンゴープリンと旬のフルーツでお子様も大喜び。

濃厚なマンゴーとフローズンヨーグルトがとっても合うんです。

初夏にもぴったりのさわやかスイーツです。

ぜひ作ってみてください!

加熱して固めるだけ簡単レシピ!パンナコッタをおうちで作りましょう。

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました