レシピ

初夏に食べたい、瀬戸内レモンのフロマージュ(チーズ)パフェ

この記事は約3分で読めます。

瀬戸内レモンの旬は冬から6月ごろまでですが、 5月~初夏になり暑くなってくると食べたくなるレモンスイーツ。

レモンと相性の良いチーズと組み合わせて、レモンゼリーやマンゴーなども使用した爽やかなパフェのレシピです。

「瀬戸内レモン」とついているだけで食べたくなる私のような方も多いのではないでしょうか??

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

瀬戸内レモンのフロマージュパフェの材料を用意する

フレッシュチーズ

先に仕込んでおくものは3種類です。

瀬戸内レモンクリーム
フロマージュブランクリーム
レモンチェッロゼリー

瀬戸内レモンクリームのレシピ

レモンクリームのレシピです。詳しい作り方はコチラ

レモンのカスタードクリーム(別記事で紹介)75g
サワークリーム125g
グラニュー糖 10g
瀬戸内レモン 4分の1個分

レモンのカスタードクリームのレシピ

レモン

レモンのカスタードクリームのレシピです。詳しい作り方はコチラ

パルプリッチレモン(レモン果汁)200g
全卵240g
卵黄64g
グラニュー糖200g
板ゼラチン1.5g
無塩バター28g

フロマージュブランクリームのレシピと作り方

フロマージュブランとシャンティ(ホイップクリーム)を合わせます。

シャンティ
(生クリーム38~40% 100gにグラニュー糖 7gを加えて立てたもの)
100
フロマージュブラン200
グラニュー糖10

1. フロマージュブランとグラニュー糖をホイッパーですり混ぜる。


2. 1にシャンティを加え、ゴムベラに持ち替えて合わせる。

レモンチェッロゼリーのレシピと作り方

レモンチェッロ60
レモン果汁 15
天然水292
グラニュー糖55
イナアガーF15

1. グラニュー糖とアガーはすり混ぜておく。


2. 天然水に1を一気に入れてすぐに混ぜ溶かす。

  ダマにならないように気を付けること

  

3. 火にかけ、沸騰したまま2分間煮立てる


4.  漉しながらボールに移し、レモンチェッロとレモン果汁を混ぜる。

   イナアガーは常温でも固まるので、手を止めずに作業すること。


5. 密着ラップをして冷蔵庫で1時間冷やし固める。

パフェの組み立て

瀬戸内レモンのフロマージュパフェ

レモンチェッロゼリー 26
マンゴー 26
フロマージュブランクリーム20
ロイヤルミルクティソルベ16
ビーンズバニラアイス16
グラハムビスケット10
フロマージュブランクリーム 38
瀬戸内レモンクリーム 40
ミント適量

(アイス・ビスケットは市販のものです。)


上から順番にグラスに盛っていく。

層がきれいに出るように工夫しながら入れていく。

写真では、薄く焼いたメレンゲとレモンとライムのチップスを飾っています。

  見た目も後味もさわやかなパフェ。  

  夏にぴったりだね!

焼きメレンゲのレシピはこちらに紹介しています。

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました