レシピ

基本のパート・ブリゼとキッシュのレシピ

この記事は約3分で読めます。

パート・シュクレとパート・ブリゼってどう違うの?作り方は一緒?

使い分けが分かりにくい方も多いですよね。

パート・シュクレは甘いクッキー生地、パート・ブリゼはサクサクとした食感の甘味のない生地です。

ここでは基本のパート・ブリゼの作り方を紹介したいと思います。

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

パート・ブリゼを作りましょう

お菓子を作る子供

パート・ブリゼは塩を加えて作ることが多く、キッシュなどにも使われます。

ブリゼ」とは、フランス語で「もろい」という意味です。

基本のパート・ブリゼの材料

卵なしの配合

エクリチュール350g
無塩バター175g
冷水120g 
5g
グラニュー糖10g

卵が入る配合

エクリチュール 362
無塩バター180
卵黄28
3
冷水88

基本のパート・ブリゼの作り方


1. バターは細かく切って冷やしておく。できればフードプロセッサーの容器も冷やしておく。


2. 薄力粉をふるう。

  バターを入れて薄力粉をよくまぶし、もう一度冷やす。


3. フードプロセッサーで何回かに分けて回す。

  バターが溶けてだんご状にならないように注意する。


4. 塩・グラニュー糖・冷水を加えてまとめる。

  液体を加えたらこねすぎないこと。グルテンが出て食感が悪くなってしまいます。


5. ラップで包み、冷蔵庫で一晩冷やす。

冷水は分量を書いていますが、その時の生地の状態で減らしたりします。


6.  ブリゼ生地を2mmくらいに伸ばし、タルト型に敷きこむ。

  ブリゼ生地は伸ばすと戻ってきやすい生地なので、しっかりと伸ばす


7.  冷蔵庫で少し落ち着かせてから、重し(タルトストーン)をして170℃で空焼きする。

  重しは端のほうまでしっかり乗せる。


8.  重しをとって中側もしっかり焼いたら卵黄(分量外)を塗って乾燥焼きしておく。

使用した薄力粉

エクリチュールとは→フランス産小麦を100%使用した焼き菓子用の薄力粉。風味も良くほろほろとした食感に仕上がるので、焼き菓子やタルトにおすすめの薄力粉です。

パート・ブリゼでキッシュを作りましょう

キッシュ

キッシュの土台に使われることの多いブリゼ生地。

アパレイユのレシピもご紹介いたします。

キッシュのアパレイユ (21センチタルト型1台分)

牛乳80
生クリーム35%187
全卵45
卵黄30
薄力粉6
塩コショウ適量
ほうれん草・キノコ類・ベーコン・玉ねぎなどお好みの量で
パルメザンチーズパウダー適量

1.  全て混ぜ合わせます。


2. 空焼きしていた型に流し入れ、180℃のオーブンで20~30分焼く。

使い分けて色々なタルトを作ろう!

オーブンはメーカーや大きさにより異なるので、焼き時間・温度はあくまでも目安です。

パート・ブリゼを使用したケーキレシピ→いちじくのフロマージュタルト

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました