レシピ

チェリーの赤いチュイル

この記事は約3分で読めます。

赤い色のチュイルが見た目も可愛く、デコレーションのアクセントになります。

ほんのり感じる酸味もいい感じ☆

ソース以外で酸味が欲しいとき、酸味も食感も欲しいとき、見た目で女子に「かわいい!」と言ってほしいとき(笑)などに、、、

透明感のあるピンク色がポイントなので、くれぐれも焼きすぎに注意!

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

「グリオットチェリーの赤いチュイル」を作りましょう

チェリー

それでは材料と作り方を紹介いたします。

チェリーのチュイルの材料

グラニュー糖75
薄力粉25
無塩バター25
グリオットチェリーピューレ25
アーモンドダイス30

アーモンドダイスのかわりにアーモンドスライスでもいいよ

準備

アーモンドダイスはオーブンできつね色になるまで空焼きしておく。

薄力粉はふるっておく。

無塩バターを耐熱容器に入れ、レンジで溶かしておく。

オーブンは160℃に予熱しておく。

チェリーのチュイルの作り方

チェリー

1. グラニュー糖・薄力粉をボールですり混ぜる。


2. 無塩バター・グリオットチェリーのピューレを入れてホイッパーで真ん中から外側に向けていくようによく混ぜて乳化させる。


3. 焼いておいたアーモンドダイスを2に加えて混ぜる。


4. タッパーに入れて密着ラップをし、粗熱が取れたら冷蔵庫に1~2時間ほど入れて冷やす。


5. 固まった4を6~10gずつ分割して丸め、オーブンシートを敷いた鉄板に並べる。

  火が入ったらけっこう広がるのである程度あいだを空けて置いていくこと。


6. 160℃のオーブンで5~7分焼く。


7. 冷めたらシートから外し、シリカゲルを入れた密閉容器で保存する。

   湿気やすいのでシリカゲル多めに入れたほうがいいかも!

チュイルを焼くときのポイント

オーブンをのぞき込む子供
  • 焼きすぎると茶色くなってしまうし、焼きが甘いとカリっと仕上がらない
  • 焼き上がりの見極めが重要です!
  • オーブンのクセにもよるので温度は調整してください。
  • 多少焼きが甘いなと思っても、オーブンから出して鉄板のまま置いておくと予熱が入ります。

 割れやすいので扱いに気を付けて!

オーブンはメーカーや大きさにより異なるので、焼き時間・温度はあくまでも目安です。

チェリーの赤いチュイルの使用例

「濃厚チョコレートブリュレ」

チョコレートブリュレ

飾りで使用しました。見た目のインパクト充分!

何この赤いのは??と気になってしまいますよね☆

皿盛りのデザートにワンポイント欲しいとき、食感や高さを出したい時、、

チュイルがあると便利です。

丸めた状態で冷凍庫に保存しておけば、欲しいときに出してすぐに焼けます。

チョコレートのチュイルのレシピも紹介しています。

サントノーレタルト

詳しい作り方はコチラ☟

グリオットチェリーのピューレは通販で購入できます。

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

ROOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました