レシピ

グリオットチェリーの果肉たっぷりコンフィ(ソース)

この記事は約3分で読めます。

5・6月に旬を迎えるチェリーの果肉がゴロゴロ入ったソースです。

いちごよりも甘味が強く、フランボワーズより酸味が優しいグリオットチェリーのソース。

チーズケーキなどに合わせるのがオススメですが、濃厚なチョコレートのケーキなどにもとても合います。

普段は冷凍のグリオットチェリーホールを使用していますが、初夏になればぜひフレッシュを使って作ってみてください。アメリカンチェリーがおすすめ!

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

グリオットチェリーのコンフィを作りましょう

チェリー

材料と作り方をご紹介致します。

グリオットチェリーのコンフィ の材料

冷凍グリオットチェリーホール200
グラニュー糖20
コーンスターチ4
4

グリオットチェリーのコンフィの作り方


1. チェリーは冷凍のままグラニュー糖をまぶして解凍しておく。


2. 解凍されて水分が出てきたら、 耐熱容器に入れてレンジで熱々に温めてから鍋に入れて火にかける。

  (そのまま沸騰するまで火にかけ続けていると果肉がつぶれすぎてしまうので、出来るだけ時間を短縮させるためにレンチンします)


3. 沸騰してきたら水で溶いたコーンスターチを混ぜながら加え、もう一度沸騰させる。
  
  コーンスターチを加えたら焦げやすいので注意!鍋底をゴムベラですくうように混ぜながら加熱する。


4. 氷水をかまして冷やし、容器に移して密着ラップをして冷蔵庫で保存する。
  
  冷やしている間、コーンスターチが入っているので、たまに混ぜてあげないと膜がはってしまいます!

フレッシュのチェリーを使う場合はそのまま火にかけて少し果肉をつぶしながら加熱していきます。

キルシュ (サクランボのリキュール)を加えると大人の味に。

ケーキに添えて使います

レアチーズケーキに添えて美味しい。

フロマージュブランの少しクセのある味と、チェリーの酸味がベストマッチ!

レアチーズケーキ
フロマージュブランを使用したあっさりとしたレアチーズケーキです。
フロマージュブランは少し癖がありますが、パータ・ボンブと合わせることでコクのある優しい甘味に。
とっても軽いムースなので食事のあとでもパクパク食べれますよ!グラスに入れて上品なデザートにもなります。

グリオットチェリーのカスタードクリームを使った、チェリーのモンブランにも!

グリオットチェリーのモンブラン メープルビスケット
グリオットチェリーのピューレを使用したカスタードクリームです。甘酸っぱさがクセになるクリームです。
ゼラチンを入れると冷凍できます。
5・6月の季節のオススメデザート用に開発したものですが、季節もので済ますにはもったいないくらいお気に入りになりました。

このレシピに使用した材料

冷凍グリオットチェリーホール

グリオットチェリーはサワーチェリーの1種です。

そのままでは甘味が薄いため、ジャムやシロップ漬けにして加熱してお菓子などに使用するのが一般的なようです。

  パンナコッタに添えたり熱々のままバニラアイスにかけるだけでも立派なデザート!   

  温度差を楽しんでね!

こちらの記事もオススメ!

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました