レシピ

おいしいバタークリームのレシピ

この記事は約3分で読めます。

バタークリームっておいしくないよね、、

そんな偏見を覆す、おいしいバタークリームの作り方レシピです。

バタークリームには、イタリアンメレンゲ・パータボンブ・アングレーズと、3種類の作り方があります。

ここでは、全卵を使ったパータ・ボンブタイプのレシピをご紹介いたします。

卵黄が入ることで、コクがあってとってもなめらかな口当たり。口に入れたらスーッと溶けていきますよ!

http://oeufoeuf.xsrv.jp/%e4%b8%80%e8%a6%a7/

バタークリームを作りましょう

バター

材料と作り方の紹介です。

準備

卵・無塩バターは常温に戻しておく。

おいしいバタークリームの材料

全卵108
卵黄14
グラニュー糖54
16
無塩バター450

おいしいバタークリームの作り方

卵を割る子供

1.  グラニュー糖と水でシロップを作る。
  水を入れた鍋にグラニュー糖を入れ、しっかり全体にしみこませてから火にかけ、115℃まで中火で加熱する。   (量が少ないので早めでもいい)

   水を染みこませていないと、直接グラニュー糖が火に当たった部分からすぐに色付いてきてしまいます!!


2.  全卵・卵黄を入れたボールにふちから少しずつ垂らし入れながらミキサーで高速で回す。

   全部入れ終わったら中速に落とし、もったりとなり40℃以下になるまで回す。
  (パータ・ボンブ)


3. ポマード状になったバターを2のボールに4回くらいに分けて加え、その都度混ぜていく。

  途中分離したような状態になるが、しっかり混ぜていくと徐々につながる。


4. 全体が混ざりツヤのある状態になったら出来上がり。


5. 小分けにして冷凍で保存が可能です。

  

パータ・ボンブとは?

パータ・ボンブとは・・卵に熱いシロップを加えて泡立てる製法。

パータ・ボンブの代わりに→

沸騰させたシロップを全卵・卵黄に混ぜて湯煎で温めながらホイッパーで立て、
60℃くらいになってから湯煎からおろし、ミキサーで40℃まで立てる

というやり方でもいい。

バタークリームのアレンジ

フレジェのミルフィーユ仕立て

バタークリームにカスタードクリームを混ぜた、「クレームムースリーヌ

カスタードクリームよりさらに濃厚で、リッチなクリームです。

クレームムースリーヌの作り方

バタークリーム100
カスタードクリーム200

1. バタークリームは冷凍のものを解凍して使う場合は、固まっているのでほぐしてクリーム状にしておく。


2. 同じように、よくほぐしたカスタードクリームを1のボールに3回くらいに分けて入れ、ダマがないように混ぜ合わせる。

  混ぜすぎたら分離してしまうので注意!

カスタードクリームの詳しいレシピはこちらから☟

固まったバタークリームをほぐすとき

なかなかやわらかくならないときは、ミキサーボールの外側から軽くガスバーナーの火を当て、ホイッパーで ほぐしていく。

バターが溶けてしまわないように!!

  こんなアレンジも!  

ピスタチオオペラ
バタークリームにピスタチオペーストを加えて作った「ピスタチオ・オペラ」

オペラ・ノワール
炭パウダーを加えて真っ黒に仕上げた「オペラ・ノワール」

食わず嫌いしないで、ぜひこのバタークリームを試して頂けたら嬉しいです☆

こちらの記事もチェック☟

『一目でわかるスイーツレシピ』

☟れいろう@peuprofond

https://www.instagram.com/peuprofond/

スクロールするのが面倒くさい!材料と作り方を行き来するのが嫌!

というあなた用に、材料と作り方を分かりやすくまとめています。

☑check it!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました